田川の朝空5~ブルーアワー~

2020年11月1日

2020年11月1日の田川の朝空です。

一昔前に、三谷幸喜さんの映画で「マジックアワー」という作品がありました。

マジックアワーとは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」を指す映画用語で、転じて作中では誰にでもある『人生で最も輝く瞬間』、を三谷作品らしくコミカルに描いた映画でした。

ウィキペディアによるとマジックアワーとは…
【マジックアワー (magic hour) 、マジックタイムは、日没前、日の出後に数十分程体験できる薄明の時間帯を指す撮影用語で、光源となる太陽からの光線が日中より赤く、淡い状態となり、色相がソフトで暖かく、金色に輝いて見える状態である。水平線に対して、太陽が0度から6度までの角度に位置する時間帯である。逆に、地平線に対して0度から-4度、つまり日の出の直前の時間はブルーアワー(blue hour、フランス語の l’heure bleueから)と呼ばれている。】という事です。
写真は朝空なので、ブルーアワーということになりますね。

1日24時間ある中で、最も美しい時間帯ということです。

自然が織りなす景色や恩恵の前では、人間の文明がいかに発達しようと敵わないものです。

また自然は恵みを与えてくれる一方で、時として人間へ牙を剥いて来ることもあります。

これもまた、悪い事があってこそのいい事であるという両面性を示してくれています。

もし昨日が最悪な日であったとしても、今日はきっといい日であると信じて頑張りましょう!

田川の家族葬専門葬儀社